大阪府

府が所有する建物の耐震化サイトのヘルプ

ここでは、サイトの使い方など、良くあるご質問について説明しています。

Q1.このサイトの使い方を教えてください。

A1: このサイトからは、府が所有する建物(府有建築物)の耐震性能をキーワード(施設名と住所のみ)検索又は、エリア選択・建物用途・耐震ランク検索と市町村別のマップ検索と3つの方法で検索できます。
【使い方】
  1. キーワード検索では施設名か住所を入力の上、検索ボタンを押してください。
  2. エリア選択、建物用途、耐震ランクの検索では、選択メニューから該当項目を少なくとも1つ以上選んでいただき、検索ボタンを押してください。
  3. 検索結果が表示されたら、該当施設をクリックしていただくと、その施設の場所に地図が移動します。
  4. その施設のマーカーをクリックしていただくとその施設名称、住所、耐震性能が表示されます。さらに建物別の耐震性能や今後の予定等の詳細情報をご覧になりたい方は詳細情報をクリックしてください。

Q2.耐震ランクとはどういうものですか?

A2: 建物の耐震性能をランク(段階)別を、次のとおり区分し、表示しています。
A:耐震性能あり(耐震構造指標0.6以上)
B:耐震性能が低い(耐震構造指標0.6未満、0.3以上)
C:耐震性能が低い(耐震構造指標0.3未満)
D:現行の耐震基準を満足していないと考えられる木造・簡易耐火住宅等
耐震構造指標が0.6以上であれば、現行の建築基準法と同等の耐震性能があるものとされています。

Q3.施設名をキーワード検索に入力しても該当施設が表示されない施設が有ります。どうしたら検索できるのですか?

A3: 施設名は愛称では検索できませんので正式名称を入力してください。(たとえば、「なみはやドーム」は「大阪府立門真スポーツセンター」、「エルおおさか」は「大阪府立労働センター」、「高校」は「○○高等学校」、「府営住宅」は「○○住宅」のように入力してください。)
また、セキュリティー上などの理由から地図に表示していない施設がありますのでその場合は建物用途毎の詳細データ(PDF)をご覧ください。

Q4.このサイトの情報はいつ更新されるのですか?

A4: 毎年度当初(4月頃)に前年度の工事の完了やその年度の工事の予定などを加味して耐震性能等の情報の更新をしています。

Q5.複数の建物のある施設の個別の建物(棟)毎の耐震性能を知りたいのですが、どうすればいいのでしょうか?

A5: キーワード(施設名と住所のみ)検索又は、エリア選択・建物用途・耐震ランク検索と市町村別のマップ検索から該当施設を検索していただき、その施設を地図上に表示させます。その地図のマーカーをクリックしていただくと施設情報が開きますので、その中の詳細情報をクリックしていただくと建物(棟)毎の耐震性能等がご覧になれます。

Q6.国や市町村の建物の耐震性能の検索はできないのですか?

A6: このサイトでは府が所有する建物(府有建築物)のみが検索できます。国や市町村の建物の耐震性能は直接、国や市町村にお尋ねください。

Q7.府が所有する建物は適正に作られているはずなのに、なぜ耐震性能を満たしていないものがあるのですか?

A7: 昭和56年に建築基準法の耐震基準が大改正され、旧来の基準に比べ、耐震性の向上が図られています。阪神・淡路大震災においても現行の建築基準法で建てられた建物には大きな被害が見られませんでした。
大阪府においては昭和56年以前に建てられた建物について現行の建築基準法の同等の耐震性能があるかの耐震診断を行い、その結果、耐震性能が不足している建物について、計画的に耐震改修(補強)しています。
平成27年度までに耐震化率90%以上(ただし、災害時に重要な機能を果たす建築物、府立学校、避難上特に配慮を要する方が利用する建築物、不特定多数の方が利用する建築物については100%)とする目標を定め、耐震化に取り組んでいます。
お問い合せ先
府有建築物耐震化実施方針について
ア.災害時に重要な機能を果たす建築物について
エ.その他の一般建築物について
公共建築室 計画課 耐震・保全グループ
TEL:(直通)06-6210-9788
イ.府立学校について 教育委員会事務局 施設財務課 施設整備グループ
TEL:(直通)06-6944-6898
ウ.府営住宅について 住宅経営室 経営管理課 計画グループ
TEL:(直通)06-6210-9740

ここまで本文です。